旅行を充実させるためのポイントについて知る

国内の宿泊施設

国内の宿泊施設にはどのようなものがあるのか

宿泊施設として代表的なものにホテルがあります。いろいろと種類があり、たとえば、部屋が広く、ホテル内にも遊戯施設や娯楽施設があり、新婚夫婦や家族が観光のために使うようなものはリゾートホテルと呼ばれます。また、出張先で会社員が一人、あるいは二人で利用するような、簡素なところはビジネスホテルと呼ばれます。ただ、ビジネスホテルだから会社員しか泊まってはいけないということではなく、新婚夫婦が泊まっても問題ありません。しかし、シングルルームが多く、ツインやダブルの部屋は少ないので、あまり向いていないということにはなります。 同じように、観光などで使われる宿泊施設は他にもあります。たとえば、旅館、民宿がそうです。

一人旅の宿泊施設は基本的にホテルの方が安い

では、料金的にはホテルや旅館はどういう違いがあるのでしょうか。まず旅館ですが、宿泊のシステムが一泊二食付きという風に、夕食と翌日の朝食の提供がデフォルトになっていることが多く、当然、宿泊料に食事代金が含まれることになります。なので、高級旅館と高級ホテルという風に、同じレベルでの宿泊料金を比べると、旅館の方が食事代が入る分、割高になると言えるでしょう。 また、旅館の場合、一人で泊まる人向け部屋というのが基本的には存在しないので、一人で泊まる場合、本来、二人以上で泊まる部屋を使うということになります。なので、シングルルームという一人専用の部屋が存在するホテルの料金と比べると、一人での利用の際には割高になる傾向があります。 なので、一人旅の宿泊先としては旅館よりもホテルの方が向いているでしょう。